最高の式を【幸せものでごめんあそばせぇ~】

需要の高まり

神前式に関して今後の予測

人生においての重要な節目である結婚に花を添える結婚式ですが、現在の日本で行われている結婚式で最もポピュラーなのはチャペルで挙式するキリスト教式です。戦後の日本ではながらく欧米への憧れやテレビや雑誌などの影響によって、庶民から著名人に至るまでほとんどといってもいいほどキリスト教式が圧倒的に主流です。 しかし、そうした状況も近年になって変化がみられます。昨今日本文化を再評価する動きが各方面にて盛んに行われていていてそうした流れが結婚式にも波及して、日本ならではの結婚式として神前式に注目が集まっています。 個性を尊重する風潮が強まっている現状によって、主流であるキリスト教式の結婚式に対してマイナーである神前式に、そうした個性を求めるカップルの耳目が集まっていることも一つの要因です。 こうした流れはまだ始まったばかりのことであるため、今後もしばらくは神前式への注目は高まっていくと予測されます。

神社で挙式する場合の注意

神社で神前式を挙げる場合に注意したいことがあるので、ここで少し見ていきます。 神社において挙式する場合の注意は、神社の規模や設備によって準備することが変わってくるということです。というのも、基本的に全国各地にあるそれぞれの神社で結婚式を挙げることはできます。しかし、神社には多くの建築物を有する大きな神社がある一方で、社殿や本殿しかないようなこじんまりとした神社もあります。大きな神社では披露宴会場なども併設されていることもあるので、式の流れなどは任せておけばいいですが小さな神社では披露宴会場などは全て式を挙げるカップル側で準備する必要があります。 そういうと小さな神社で挙げるのは難しそうに感じますが、いろいろ準備は必要になる一方で自由度は高くなりますし個性的な挙式を行うことも出来ますので、大きい神社小さい神社双方ともに良いところがあります。